イベントカレンダー
所在地
〒664-0857
伊丹市行基町4丁目1番地
  TEL 072-772-2040
  FAX 072-777-8640
   >>交通アクセス
 

新着情報

お知らせ

学校説明会について

平成29年度 学校説明会は下記の通り開催いたします。
 第1回 学校説明会(全体)8月9日(水)  終了しました
 第2回 学校説明会(普通科)10月21日(土)  
   (オープンハイスクール)
 第3回 学校説明会(GCコース、商業科)10月28日(土)

<個別説明会>9月21日・10月26日(木)17:00~18:30(事前予約必要)
 
             
市立伊丹高等学校のことが知りたい、授業や部活動が見学したいという方は、 
お電話にてご相談ください。
連絡先072-772-2040 教頭 佐藤まで



市高広報誌「Active ICHIKO」を掲載                        

市立伊丹高等学校の様子をお知らせします。どうぞご覧ください。
1月号までを掲載しました。



平成29年度土曜公開講座について

  土曜公開講座は、経済、国際、文化、環境等の様々な課題を
  本校生徒・保護者・地域の方々がいっしょに学ぶ講座です。
  どなたでも参加できますので、電話・FAXまた入力フォームでお申し込み下さい。
     
     電話072-772-2040   FAX072-777-8640 

  第2回 12月9日(土)10:30~12:00     

 ワークショップ
  「レジリエンス講座」

 ~逆境に負けない心を育てよう!!
    講師: 梅野智美(臨床心理士)
    

気象警報・非常変災時について

  気象警報が発令された場合や、地震が発生した場合の措置について載せています。
  詳細をご覧ください。
  「気象警報」の発令地域については、「気象庁」・「伊丹市」のホームページや「サンテレビ」・「NHK」のテレビ放送で確認してください。
  その他のテレビ放送局では、『市町村』ごとの気象警報は放送されない場合があります。

来校時について                        

来校時は、1号館1階事務室にて記帳してください。

出席停止について                        

学校保健安全法施行規則第18条に定められた感染症にかかった場合が、出席停止となります。
該当する感染症になった場合は、まず学校へ電話連絡をしてください。
主治医より感染のおそれがないと認められたら「出席停止解除証明書」を受け登校してください。
出席停止になった期間は欠席扱いにはなりません。
詳細はリンク先(pdfファイル)をご覧ください。

以前のお知らせはこちら

 

市高日誌

日誌
12345
2018/04/13

2年遠足 金閣寺

| by 2年生
非常に良い天気で、金閣寺も生徒の笑顔も一層煌めいています!

17:20 | 2年生
2018/04/13

2年遠足 伏見稲荷

| by 2年生
47F57BF5-9B50-453C-9D29-97F81806EF28.jpeg千本鳥居の頂上から戻ってきました。
12:16 | 2年生
2018/04/12

【1年生 オリエンテーション合宿】1日目 午後

| by 1年生

午後はまず、校歌コンクールから。
元気の良さを競いました。
このあと、数学、英語と講義が行われました。
21:23
2018/04/12

【1年生 オリエンテーション合宿】1日目

| by 1年生
入学して間もない73回生のオリエンテーション合宿が始まりました。

開校式の後は、進路部からの講話です。
入試改革を踏まえた学習の進め方や、部活などの課外活動にも積極的に参加することが、進路実現に繋がるということなどが話されました。



また、指導部からは高校生としての過ごし方や、学校の規則が説明されました。

15:22 | 1年生
2018/03/15

【キャリア講演会】講談師 玉田玉秀斎 先生

| by 教頭
平成30年度の第2回キャリア講演会は、講談師 四代目 玉田玉秀斎 先生にお越しいただきました。(平成30年3月7日)
「違いがあるから面白い!!」
講談師 四代目 玉田玉秀斎 先生
 
ご自身の高校時代からの国際感覚豊かな経験談を、明るい雰囲気をつくり、生徒たちとのコミュニケーションに心がけながら、みごとなお話ぶりに、会場の先生たちや生徒たちは身のりだし「玉秀斎ワールド」へ引きこまれていきました。

<四代目:玉田 玉秀斎 先生(講演後、校庭にて)>

「コミュニケーションに大切なことは、大きな声で話すこと。外国人に、「はあ?」と言われたときは、英語が通じていないのではなく、声がききとれないだけなんです!!」とアドバイスを下さいました。
ご自身の高校進学時の経験談、「外国に行きたい」という思い、高校時代のスウェーデン留学、大学受験、ドイツ法学研修旅行や司法試験への挑戦、そして講談との出会い・・・・。人生ってこんなにおもしろいんだ !出会いってこんなにたくさんあって、その出会いをいかに自分のものにするかどうかで、道が切り開かれていくお姿を如実に語られました。
 

 

「伊丹から世界へ」羽ばたく高校生には、日本の文化を知る国際理解の視点が重要であることを、あらためて教えていただきました。ポルトガル語でのブラジル講演、アメリカのメディアから世界へ配信された英語講談など、日本だけでなく世界で活躍される玉秀斎先生、90分間の最後に、講談「播州明石生まれの彫刻職人 左甚五郎」をご披露下さいました。講演後の感想から「これまでの講演のなかでいちばん感動しました!」「先生のお話のすべてに共感しました!」「先生のように、国境を越えて活躍できる人間になりたいと思いました。」「講談というものを初めて知りました。頭の中に映像が流れとても楽しかったです。」「自分のやりたいことをやる。」

 

600年の歴史と伝統を語り継ぐ講談師は、全国で約70人だそうです。講談師に出会う確率は「150万分の1、1億円当たる確率と同じ、みなさんは今日、一億円当たったんですね!」というジョーク、玉田玉秀斎先生とのこの貴重な出会いの日となりました。玉秀斎先生のご活躍を市高は応援しています。ありがとうございました。
(2018.3.7)
07:27
12345