メニュー

イベントカレンダー
所在地
〒664-0857
伊丹市行基町4丁目1番地
TEL 072-772-2040
FAX 072-777-8640
   >>交通アクセス
 

野球部

部員数  3年生10人
                    2年生12人

     1年生10人  (H29.5.19現在)

        

 

活動日  毎日(月曜日は除く)

 

活動場所 本校グランド、伊丹スポーツセンター野球場

 



Topics

 市立伊丹高校野球部は『自立・自律と規律』の意気のある野球部を目指し、練習に励んでいます。学校グランドには打撃ケージや大型照明設備があり、また、週2回伊丹スポーツセンター野球場を利用させていただくなど練習環境は充実しています。週末は県内・県外の学校と練習試合を行い、PDCAサイクルで個人力・組織力の向上に取り組んでいます。このページで定期的に『野球部通信』を更新し、活動を報告させていただきます。



 
野球部日誌
12345
2017/09/13

市立伊丹高校野球部 Facebook

| by 顧問
Facebookにて市立伊丹高校野球部の活動を紹介しています。

https://ja-jp.facebook.com/ichiita.bbc/


14:42
2016/09/18

野球部通信 No.74

| by 顧問

昨日はスポーツセンター2時間練習でした。球場でできる練習はありがたく、充実した練習ができました。
本日は阪神地区公立高校と2試合しました。
1試合目 10-2
2試合目 15-4
秋季阪神地区大会は第3代表決定戦で敗れ、悔しい思いをしましたが、地区大会後8連勝で
す。



07:42
2016/07/12

野球部通信 No.73

| by 顧問
2016年7月10日(日)

快晴の中、吹奏楽部、保護者、野球部OB、野球部OBの保護者、学校OB、その他多くの方々の声援に支えられ、元気溌剌とプレーしましたが、力及ばず敗れました。遠方の早朝にも関わらず、多くの応援を頂き本当にありがとうございました。

市立伊丹 100 100 000 | 2
神戸甲北 021 200 02X | 7

試合終了後の吹奏楽部の部長生徒による「普段の教室とは違う顔が見れて格好良かった。応援させてくれてありがとう。」という言葉が印象的でした。

69回生チームは部員5名と少なかったですが、MG3名の強力なバックアップとともに秋2勝、春1勝を挙げ、市伊丹野球部を躍進させてくれました。翌日に引退式を行い、彼らの遺産は自分たちの言葉で後輩達へ引き継ぎました。3年生はバットをペンに持ち替えて、卒業した先輩達の遺産を引き継いでくれることでしょう。


MGによる応援団を結成し、連日、OBの若木様に指導を受け、明石球場に大きな声と強い想いを響かせました。



『元気溌剌 それが勝利の合言葉』

16:29
2016/06/27

野球部通信 No.72

| by 顧問
大会前の限られた練習時間を削りながらもミーティングを行い、自分たちがやるべきことをシェアをしました。そのまま結果へつながる、ではなく、振り返ったときにこの時期がチームのひとつの転換期となったと思えることでしょう。

土曜日にはOB会、保護者会により壮行会を開いていただきました。出席していただいたOB、保護者の皆様だけでなく、多くの方々に応援されていることを再認識しました。夏の大会では、これまでこのメンバーで磨いてきた市立伊丹の野球をやりきりたいと思います。

そうして挑んだ日曜日の試合でしたが、チャンスを作りながらも一本が出ず完封負けを喫しました。雨天と期末考査という課題と向き合い、乗り越えながら、夏に向けて仕上げていきます。

<Schedule>
6/28 (火) 選手権兵庫大会抽選、オープン戦【阪神地区公立高校】(17-19)
以後、大会初戦までの日程は流動的となります。


『元気溌剌 それが勝利の合言葉』

09:22
2016/06/21

野球部通信 No.71

| by 顧問
今週1週間の活動をご報告します。

14日(火) スポーツセンターで紅白戦を行いました。昨年もこの時期に行いましたが、人数・グランドを考慮すると一年間で唯一の紅白戦ということもあり、とても新鮮でした。走攻守において成果と課題が溢れ、非常に有意義な練習となりました。

15日(水) マシンを使って、「ノーエラーバント」を行いました。本来は「一球勝負」ではありますが、本校の攻撃スタイルに合わせて「二球勝負のコース狭め」で勝負です。結果は一発成功!!大いに盛り上がり、練習も早々に終わりましたが、その後の居残り個人練習の価値があがりました。

18日(土) 文化祭終了後に元気溌剌と練習に励みました。練習最後のショートダッシュにマネージャーも参加し、文化祭から野球への切り替えができたように感じました。

19日(日) 朝から雨が降り続き、中止かと思われましたが、相手校に9時半に集合しました。グランドは湖状態でしたが、相手校の懸命な水抜きのおかげで13時半から試合をさせていただきました。試合は満足できる内容ではありませんでしたが、大会でもあり得る状況の想定練習となりました。どうもありがとうございました。

20日(月) 文化祭の代休のため、スポセンで近隣校と2試合させていただきました。野手が失策を重ねてしまいましたが、13安打を放ち、終盤に逆転勝利を収めることが出来ました。これまで苦手にしていた速球派投手から打てたことを自信にしながら、今後の学校練習へとつなげていきたいと思います。


FMいたみの『月間市高インフォメーション』の収録がありました。


夏にむけて貴重な球場練習です。伊丹スポーツセンター野球場。

<Schedule>
6/24 (金) オープン戦 【阪神地区公立高校】 (18:15 P.B.@スポセン)
6/25 (土)  学校練習、壮行会 (16:00@本校食堂)
6/26 (日)  オープン戦 【阪神地区公立高校】 (9:30 P.B.)

『元気溌剌 それが勝利の合言葉』

11:48
2016/06/14

野球部通信 No.70

| by 顧問
先制点にこだわった土曜日の試合でしたが、初回に先頭打者の二塁打から一挙6点を挙げ、プラン通りに試合を進めることができました。攻めるバントや二死走者なしから2点、などやりたい野球をやりきることができました。負けて見つけた課題をつぶす練習も必要ですが、勝因となった武器をさらに磨く練習に取り組みたいと思います。

現チームの課題として、やりたい野球をできない時(先制点をとられた時)にチームの脆さが出てしまいます。だからこそ、文化祭準備や梅雨の雨天に柔軟に対応しながら、夏に向けてチームを固めていきます。


毎年恒例のBay Communicationsさんに取材をしていただきました。ありがとうございました。

<Schedule>
6/14 (火) スポセン練習(18-20)
6/19 (日) オープン戦 【大阪府立高校、神戸地区公立高校】
6/20 (月) オープン戦 【阪神地区公立高校】 (スポセン 8-13)

『元気溌剌 それが勝利の合言葉』


11:08
2016/06/08

野球部通信 No.69

| by 顧問
残念ながら日曜日の試合は雨天中止となりましたが、土曜日は一年生が「今までこんな素晴らしいグランドで野球をしたことがない」と書くような全面人工芝のグランドで試合をさせていただきました。試合は先制点を奪えずに追いかける展開になり、9回に1点差まで追い上げましたが敗れました。

試合後に相手校の主将が「打撃について話をさせてください」と来てくれて10分ほど話をしました。相手校の迷いのない強いスイングへの感想を述べましたが、逆に「市立伊丹が強いライナーの打球を連発するのに感心した」と感想をもらい、「どのような練習をしてますか?」とも聞かれました。「グランドでフリー打撃ができないので、ハーフ打撃中心です」と答えながら、改めて自分たちができることとやるべきことを再確認できました。

普段は早朝練習でのメニューですが、本日は平日の放課後の学校練習にも関わらず、他部の協力もあり、18時から1時間のハーフ打撃に取り組みます。与えられた環境でベストを尽くし、勝負します!!

OB会の若木様よりボールとドリンクの差し入れをいただきました。また、お世話になっている業者からロストボールを寄贈していただきました。いつもありがとうございます。大切に使わせていただきます。


ハーフ打撃で強いライナーを左右に打ち分けます。


練習後に最後の一球までボールを探しますが、探さないで済むための工夫を求めます。
リアクティブではなく、プロアクティブに!!


<Schedule>
6/10 (金) スポセン練習 (17-19)  ※ベイコムさんに取材をしていただきます。
6/11 (土) オープン戦 【阪神地区公立高校】 
6/12 (日) 学校練習

『元気溌剌 それが勝利の合言葉』

12:03
2016/05/31

野球部通信 No.68

| by 顧問
両日とも雨の中、いずれも Plan は「ベンチワーク」で試合に挑みました。攻守交代時の準備だけでなく、情報のシェア、網掛けの声、後輩への指示、攻撃のリズム作りなど高校野球ではベンチワークは大きな戦力になります。マネージャー8名含め、31名全員のさらに強力なベンチワークで夏まで戦い抜きます。

春に大敗した相手に18安打で勝利することができたり、負けはしたが課題が見つかったりとGW期間に比べるとはるかに学びの多い試合でした。今週はスポセン練習がありませんので、学校練習で Check と Action を行い、週末にむけて準備します。

ご縁があり、先日、甲子園駅前の鍼灸整骨「すぽると」さんで本校野球部の投手6名を対象に「肘・肩のトレーニング・ケア」の講習を開いていただきました。アスレチックトレーナーの安藤先生の丁寧な指導がとてもわかりやすく、「持っている力を最大限に利用する」する準備を教えていただきました。

先週の打撃指導も含め、多くの方々の本校野球部へのご協力に心から感謝致します。その気持ちはグランドで表現させていただきます。


山口院長、安藤先生、どうもありがとうございました。

<Schedule>
6/4 (土)
  オープン戦 【神戸地区私立高校】
6/5 (日)  オープン戦 【阪神地区公立高校&播淡地区公立高校】

『元気溌剌 それが勝利の合言葉』

09:04
2016/05/24

野球部通信 No.67

| by 顧問
中間考査開けの土曜日は本校野球部では珍しく午前・午後の二部練習を行い、日曜日の練習試合に挑みました。春季県大会に出場し一勝を挙げ、勢いのあるチームに勝利できたことはひとつの自信となりました。

「勝ちに不思議な勝ちあり 負けに不思議な負けなし」という言葉をよく使います。実際、5得点のうち適時打での得点は1点のみで、WPで2点、バント処理暴投で1点、捕手からの牽制暴投で1点でした。事実だけ見れば「不思議な勝ち」かもしれませんが、どれもやるべきことをやった結果の得点であり、全く「不思議な勝ち(得点)」ではありません。夏にむけて自分たちの戦い方を確認できた一日でした。

試合後には臨時で打撃講習を開いていただき、選手達は早速実践しています。適時打が2本、3本と出てくればより勝利に近付くことでしょう。スポセン練習も増えてきて打撃力の向上が期待できます。


(写真がなかったため)冬の練習の一コマ。夏に向けて全員で輪になり前進あるのみ!!

<Schedule>
5/24 (火) スポセン練習 (17-19)
5/27 (金) スポセン練習 (17-19)
5/28 (土) オープン戦 【阪神地区公立高校】 (13:00~)
5/29 (日) オープン戦 【神戸地区公立高校】 (13:30~)

『元気溌剌 それが勝利の合言葉』

12:06
2016/05/10

野球部通信 No.66

| by 顧問
<Schedule>
5/3 (祝) オープン戦 【vs. 阪神地区公立高校】
5/4 (祝) オープン戦 【vs. 神戸地区公立高校】
5/5 (祝) AR
5/7 (土) 学校練習 (野球部保護者会)
5/8 (日) オープン戦 【vs. 阪神地区公立高校】

4/29から5/8のGW期間中に5校と10試合させて頂きましたが、第一試合はいずれも最初に守備が乱れるゲーム展開となり、5戦5敗という結果になりました。これで昨秋からの新チームの戦績は10勝31敗3分(公式戦&オープン戦第一試合)となりました。10勝のうち3勝が公式戦ですが、これを「本番に強い」とは言えません。結果を真摯に受け止めて、「良い練習」あるのみです。

本校は相手校での試合のみだからこそ、試合後の相手校の練習風景を見ることができます。指導者にとっては、その練習を見ることでそのチームの成長が予測できることもあります。また、選手にとっては自分たちの練習と比べ、「良い練習」を吸収する絶好の機会です。

とにかく、夏の躍進のためには「良い練習」あるのみ。「良い練習」には①意識 ②段階 ③元気 が不可欠です。
5/9より中間考査前の特別練習へとはいりました。


4/28  運動部員対象の「サプリメント講習会」に参加しました。

<Schedule>
5/22 (土) 学校練習
5/23 (日) オープン戦 【vs. 阪神地区公立高校】

『元気溌剌 それが勝利の合言葉』 

15:51
12345